コリウールルージュ コラルヌー 2005 ブルノデュシェン 赤ワイン 自然派 定番人気,新作登場

【南のロマネ・コンティ】 我々ビオの生産者を、 フランス中をアッと言わせた 、南仏ワイン。 他の地域に比べて、太陽の強度で土がコンクリート状態なため、固いのであります。訪問した時は、畑の葡萄の足りないところに植樹をしている最中でした。でも、パーン、パーンと物すごい音が聞こえるのです。 それは、ブルドーザーでも敵わなかった土に葡萄の赤ちゃんを植えるために、 ダイナマイトで穴 をあけているからです。 今まで色んな造り主を訪問してきましたが、ダイナマイトを用いて植樹をした人とはお目にかかったことはありません。 信じられない光景 です。 そんな固い土に、ガッと根を張ったブドウから生まれたワイン、勿論我々の仲間は一切、補糖をしていません。 グルナッシュ100%、まさに… 南のロマネ・コンティ と、呼びたい位、美味しいワインです。 (新井順子さんの文章より抜粋) コリウールルージュ コラルヌー 2005 ブルノデュシェン 赤ワイン 自然派 定番人気,新作登場

コテテロワール 2007 ギョームグロ 赤ワイン S 定番人気,新作登場

買わないと、損! 平均樹齢 55年の古木! 収量は僅か 17hl/ha! あの 『幻』 ラグランジュ・デ・ペールの白の樽を熟成に使用! アラン・デュカスの統括ソムリエが 販売を懇願! と、その価格、3,024円にして、驚きの逸話をもち… 『最上のプリオラートを彷彿!』 と、輸入元様に言わしめたキュベ、コテ・テロワール。 なのに、このヴィンテージを最後に、このキュベが無くなってしまうんです! 『そんな、勿体無い…(涙)』 と、私は思ってしまいます。 とにかく、 数々の逸話 を持つこのワイン。 最後のヴィンテージですので、是非皆様、 見逃さないで下さい! ラスト・ヴィンテージ が入荷です!! ■ワイン名(原語)/Cote Terroir[2007]Guillaume Gros ■色/(赤ワイン) ■味わい/ ■ブドウ品種/グルナッシュ・ノワール60% シラー25% カリニャン15% ■生産者名/ギョーム・グロ ■産地/フランス/ローヌ ■原産地呼称/A.C.コート・デュ・リベロン ■生産年/[2007] ■内容量/750ml コテテロワール 2007 ギョームグロ 赤ワイン S 定番人気,新作登場

ローズソヴァージュ 2010 マルクテンペ 赤ワイン S 定番人気,新作登場

和食との相性抜群! 今回は 『感動する』ワイン を、皆さんにご紹介させて頂きます。 先日… 『アルザスのビオディナミスト!』 として日本のみならず、世界的にも評価を受ける、マルク・テンペ氏をお迎えして、ワイン会を開催しました。 元々、フランスの原産地呼称認証団体INAOで、醸造コンサルタントをされた後、ワイナリーを設立という経歴を持つ、ワインを外の世界からも知り尽くした人。 あの マダム・ルロワ とも親交が厚く、フランスの『ゴーミヨ誌』でも 《4ツ星》 の評価をされるなど、アルザスを代表する 自然派生産者 として高く評価されています。 日本でも『アルザスのワイン』というより、 『マルク・テンペのワイン』 のファンという方が非常に多く、彼独自の拘りにより出来上がった美しいワインは、本当に他にない 魅力 を感じることが出来ます。 彼の拘りの一部を挙げると… 【マルク・テンペの拘り】 ★ブドウにある野菜の青っぽいニュアンスをワインに残さない為、ブドウの 『完熟』 に拘る。 ★シャプタリザシオン(=補糖)はしたくないので、 完熟と腐る手前の見極め が非常に重要。 とのこと。 自然酵母で作られる、蜜のように甘く優しい、でも酸もキレイにのった、本当に他に類を見ない、マルク・テンペならではの艶やかなワインに、そのワイン会の時も、お客様も一様に 魅了されていました♪ ワイン会では、ピノ・グリと 和食の相性 を試し、他にもグラン・クリュ3種類の比較試飲も実施しましたが、グラスを重ねる毎に、感動はより深くなるばかり! 今回は、そのワイン会で 絶賛 されたワインを、 一堂にご紹介させて頂きます♪ マルク・テンペ氏が… 【当主の思い】 『ワインは常に 幸せな時間 を与えてくれる。是非、皆さんの食卓が、このワイン でより豊かなものになりますように。 』 と仰っていましたが、実際にワイン会でご紹介下さった 相性の良いお料理 なども、併せてご紹介致します♪ ワイン造りへの情熱、自然へのリスペクトを常に忘れない、マルク・テンペ氏のワイン、 是非、ご堪能下さい! タカムラで開催したワイン会では、瑞々しく、フレッシュで果実味豊かなピノ・グリは 和食と好相性 ということで、その時旬だった『竹の子の木の芽焼き』や『わけぎのヌタ』などと、相性を確かめてみました。 マルク・テンペのワインが完熟ブドウに拘り造られているので、 アロマの高い果実の甘み が、印象的です。 そしてピノ・グリ品種特有の、飲んだ後から来る酸味が、竹の子や、お醤油の照りの甘さと 非常に好相性♪ 他にも、 『野菜全般、大豆製品などと色々試してみて。』 とテンペ氏。 どのお料理にもとても相性が良かったようで、 『Bon Mariage!(=相性が良い!)』 と、会場内は盛り上がりました♪ 【味わい】 麦などの香ばしい香り、ライムのような青い香りも覗きつつ、徐々にスモークの香りに変化。 とろけるような柔らかさが 心地良く続く味わいと身体に染み渡る余韻。 (輸入元資料より抜粋) ローズソヴァージュ 2010 マルクテンペ 赤ワイン S 定番人気,新作登場

シャトーヌフデュパプショーパン 2013 ドメーヌドラジャナス 赤ワイン A 定番人気,新作登場

■ワイン名(原語)/Chateauneuf du Pape Chaupin 2013 Domaine de la Janasse ■色/赤ワイン ■味わい/フルボディ ■ブドウ品種/グルナッシュ100% ■生産者名/ドメーヌ・ド・ラ・ジャナス ■産地/フランス/ローヌ ■原産地呼称/AOCシャトーヌフ・デュ・パプ ■生産年/2013 ■内容量/750ml シャトーヌフデュパプショーパン 2013 ドメーヌドラジャナス 赤ワイン A 定番人気,新作登場

プイィフュメビュイッソンルナール 2003 ディディエダグノー 白ワイン S 定番人気,新作登場

貴重な熟成物! ■ワイン名(原語)/Pouilly Fume Buisson Renard [2003] Domaine Didier Dagueneau ■色/白ワイン ■味わい/辛口 ■ブドウ品種/ソーヴィニヨン・ブラン100% ■生産者名/ディディエ・ダグノー / Domaine Didier Dagueneau ■産地/フランス/ロワール ■原産地呼称/A.O.C ピュイィ・フュメ ■生産年/[2003] ■内容量/750ml プイィフュメビュイッソンルナール 2003 ディディエダグノー 白ワイン S 定番人気,新作登場

ユーアーソーラッキー 2004 ナナヴァンエシー ヴーヴレイペティアン ガスはかなり弱くなっています 白微発泡 Y P 定番人気,新作登場

残糖0gのエクストラブリュット! 約9年ヴヴレーの洞窟カーヴで瓶熟されたルメール・フルニエのペティアンナチュレルの抜栓したてのものをナタリーが飲んで一目惚れ! その場で全在庫を買い取った 一回限りの掘り出しスペシャルキュヴェ! ライム、ピスタチオ、ラディッシュ、西洋わさび、マッシュルームの香り。ワインはドライかつミネラリーでフィネスがあり、繊細でキレのある泡とまっすぐな酸が鉱物的なミネラルの旨味と複雑に合い舞う! ■ワイン名(原語)/You are So Lucky 2004 Nana Vin & C ■色/ヴーヴレイ・ペティアン※ガスはかなり弱くなっています ■味わい/ ■ブドウ品種/シュナン・ブラン ■生産者名/ナナ・ヴァン・エ・シー ■産地/フランス/ロワール ■原産地呼称/ ■生産年/2004 ■内容量/750ml ユーアーソーラッキー 2004 ナナヴァンエシー ヴーヴレイペティアン ガスはかなり弱くなっています 白微発泡 Y P 定番人気,新作登場

ルカノンシャルドネ 2007 ラグランドコリーヌ 白ワイン 定番人気,新作登場

ヴァンドペイデブッシュドローヌブラン 2006 ドメーヌトレヴァロン 白ワイン 定番人気,新作登場

テルモ・ロドリゲス氏は、この1本にも、かなりビックリしていました! 『かなり手に入り難いものまで、良く揃えてるねぇ。』 と、言ったテルモ氏の目の付け所に、その知識の広さに、逆にビックリ!? このワイン、 本当に知る人ぞ知る 、レアなアイテムなのです。 でも、 レア過ぎて 、あまり目にする事すらない位のなんです(;^^) テルモ氏もビックリ!?のワインがコレッ!! ヴァンドペイデブッシュドローヌブラン 2006 ドメーヌトレヴァロン 白ワイン 定番人気,新作登場

シャトーラバロンヌVdTルージュ 2010 ムールヴェードルドジャン ジャンリニエール 赤ワイン Y S 定番人気,新作登場

フリュットアンシャンテヴァンムスードカリテNVヴィニョーブルギョーム 泡白 定番人気,新作登場

→携帯からも簡単アクセス! 『この人が居なかったら、クリュッグやボランジェの質も変わっちゃう…よね!?』 最高の造り手が最も大事にする、畑での仕事。 その根本となるブドウの苗木を育て ・クリュッグ ・ボランジェ のシャンパーニュ大御所はじめ ・アンリ・ジャイエ ・ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ・コント・ラフォン ・ガイア などなど、そうそうたるワイン界の最高峰たちに提供し続けているのが、今回ご紹介するヴィニョーヴル・ギョームを手掛ける、 『天才苗木家』 アンリ・グザビエ・ギョーム氏なのです! 超一流達から厚い信頼を寄せられる、超一流の人、ギョーム氏は、時にはその栽培のアドバイスまでを行う天才苗木家であると同時に、自らの拠点をフランシュ・コンテ地方に持ち、ピノ・ノワールやシャルドネを栽培、その質の高さから、ワイン通の間では知られた造り手となっています。 以前、レゼルヴ・ピノ・ノワールをタカムラで販売した際、そうそうたる名譲ワインを飲みなれている、ワイン好きのお客様から、 一本の電話 がありました。 『あれ、まだある?めちゃくちゃ美味しかったから、是非追加で買いたい!』 『絶対買っといた方が良いよ。』 と、かなり興奮気味に、 その感動を お伝え下さったのです♪ そんな、造り手としても実力を発揮するギョーム氏が、醸造に11ヶ月間、瓶内二次 発酵と熟成に計36ヶ月間 をかけて生み出す、 『幻のヴァン・ムスー』 と、呼ばれている泡が入荷です! 突き詰めれば、 クリュッグやボランジェの原点がここに!? 《味わい…》 勢いのある泡が立ち上り、その香りは白や黄色の果実味に溢れ、伸びの良い酸を中心に構成されたキリッとした味わいと、余韻に感じる 蜂蜜のニュアンス を持つ深み。 フレッシュさが印象的で、食事と楽しむと、その美味しさに更なる深みを与えてくれそうです。 【ブドウ品種】ピノ・ノワール50%、ピノ・ムニエ30%、シャルドネ20% 超一流達の原点 を生み出す造り手が、自らの名誉をかけて生み出すスパークリング、フリュット・アンシャンテ。 『フリュット・アンシャンテ』とは、モーツァルトの オペラ『魔笛』 を意味するそうです。 この泡の味わいに、モーツァルトの調べが聞こえるかもしれません(笑) クリュッグやボランジェ、このスパークリングを無くしてシャンパンを知っているとは語れないほどの超一流達の味わいをも支える、 天才苗木家 ギョーム氏。 そんな天才苗木家の『幻』と呼ばれた泡、ついに入荷です! ■ヴァン・ムスー ヴィニョーヴル フリュットアンシャンテヴァンムスードカリテNVヴィニョーブルギョーム 泡白 定番人気,新作登場

コルナスシャンプルローズ 2007 ドメーヌクールビ 赤ワイン S 定番人気,新作登場

フランスのワイン産地の中でも、ボルドー、ブルゴーニュ同様、ファンの多い、 ローヌ・ワイン。 イギリスのワイン専門誌 『デキャンタ誌』 が、ワイン業界の著名人に聞いた… 『クリスマスに飲むワイン』 で、ローヌの逸品を上げた方が多かったのも、その象徴ではないでしょうか。 そんなローヌの中でも、ポテンシャルや熟成能力の高さで知られる、 高貴な品種シラー種 をメインとするのが、 北ローヌ。 若いときには凝縮感あふれる パワフルさ、 そして、熟成と共に見 せるしなやかでエレガントな表情に、 多くの人が魅了されています。 そんなローヌの代表的生産者として名が挙がる、ローランとドミニクのクールビ兄弟が手掛けるコルナスを、ご用意しました!! 【試飲コメント】 ブルーベリーやカシス のような華やかさと、しっとりした印象のある果実味に、バニラやスパイス、 スモーキーな樽のニュアンス が加わり、そこに、シラー種の持つ、動物的なニュアンスが香りに 幅を生み出しています。 味わいは、 凝縮はありますが、滑らかさがあり、 香りに感じた印象に、ややローストのニュアンスがプラスされています。 余韻にも、果実味と樽のローストの印象が心地良く長く残ります。 実は… 昨年11月、とある話題の新規オープンのフレンチで、この、コルナス・シャンプルローズの2005年を飲んだのですが、 何とも滑らかでしっとりした美味しさに、大満足! この2007年も、今飲む分と、数年寝かせる分と、数本買ってお楽しみ頂くと、いいかもしれません♪ コルナスシャンプルローズ 2007 ドメーヌクールビ 赤ワイン S 定番人気,新作登場

クローズエルミタージュ 2010 ドメーヌデリゼ 赤ワイン S 定番人気,新作登場

ラロッシュオーモワンヌ 2003 ニコラジョリー 白ワイン 定番人気,新作登場

■販売実績情報■ 販売開始から、既に49本完売しました! (2009/3/8) ニコラ・ジョリーといえば、 『自然派』 のリーダー的存在として知られ、日本にも、沢山の仲間と共に来日し、試飲会を行ったり、セミナーを開いたりと、その考えや理論を伝えるため、 世界中を飛び周っている 人物。 その体中で表現するかのような 熱い語り口 で、多くの人に伝えるワイン造りは、極めてシンプルに言えば、ブドウが自然のエネルギーを充分に吸い上げられるようにし、そのパワーを蓄えたブドウが、最大の力を発揮出来るような醸造を行うのが、 彼のスタイル です。 そんな、ニコラ・ジョリー氏の 逸品として名高い のは、『クーレ・ド・セラン』ですが、今回ご紹介する、ロッシュ・オー・モワン2003年は、同年の クーレ・ド・セランに迫る高評価 を得た、注目の1本! あの、フランスきってのワイン評価本『クラスマン2006』で… 【評価】 ◆クーレ・ド・セラン2003…9点 ◆ロッシュ・オー・モワン2003…8.5点 と、高評価! しかも、調べて見ると、2003年物は、 既に市場から 無くなっている様子♪ グラスに注ぐと、しっかりとした濃い黄金色。 香りは、カリン、黄金糖、蜂蜜、ハーブ、少しのスモーク、石灰などのニュアンスがあり、粘度が高く、味わいには、粘度をシッカリ感じますが、それに負けない充分な酸も備え、シッカリした ヴォリューム感 を備えています。 グラスの中で、2時間 ほど置きましたが、常温でも、その豊かな味わいが際立ちました。 2日後、その味わいは、ややタイトな印象になったかと思いますが、余韻のパワーやミネラル感は、 さすが! 徐々に温度があがると、ともすれば、辛口なのに、 酒精強化ワインか貴腐ワイン? と思うほどのふくらみがあります。 手に入れるなら、 これが最後のチャンスかも!? 是非、この機会にお買い求め下さ~い! ラロッシュオーモワンヌ 2003 ニコラジョリー 白ワイン 定番人気,新作登場

サンセールジャディス 2001 アンリブルジョワ 白ワイン S 定番人気,新作登場

偉大な逸品! モン・ダネの丘の区画の中でも、 厳選した区画 のブドウを使用している、ジャディス。 『フランス人も、もっとも サンセールらしい と感じるというのが、このジャディスです。 造りは、祖父の代の造り方で造っています。』と、ジャン・マリー氏。 一番搾りの3~5年の古樽を使用し、樽発酵を行います。バトナージュを翌年5月ごろまで行い、その後、澱引き、一旦、全ての樽のワインをひとつにした後、 月の満ち欠け のタイミングを見て、瓶詰めを行います。 フィルターは一切かけていません。 ラッキーなことに、2002年ものを飲む機会があったのですが、熟成により、 旨みやミネラル感が増し つつ、 純度の高さは変わらない その味わいは、まさに…   『偉大な白ワインと呼ぶに相応しい1本でした。』 この 2001年も 、きっと、そんな喜びをくれるはず。 サンセールの可能性を、この1本で 発見して下さい! ■輸入元資料より抜粋■ 土壌:キンメリジャン泥灰土 。 樹齢30年以上の畑 で、リュット・レゾネによる栽培。葡萄の房は小さく、 結実も制限 される為、葡萄の木の腐敗などを防ぐことが出来る。 ソーヴィニヨン・グリ が数パーセント栽培されている。 ステンレス・スティール・タンクとフレンチオーク樽(1:1)で11ヶ月間の熟成。満月の後に滓引きが行われる。非常に粗いフィルター。  ■ワイン名(原語)/Sanserre Jadis[2001]Henri Bourgeois ■色/(白ワイン) ■味わい/辛口 ■ブドウ品種/ソーヴィニヨン・ブラン100% ■生産者名/アンリ・ブルジョワ ■産地/フランス/ロワール ■原産地呼称/A.C.サンセール ■生産年/[2001] ■内容量/750ml サンセールジャディス 2001 アンリブルジョワ 白ワイン S 定番人気,新作登場

スールアンセーヌ テールドヴィエナエ 2006 フランソワヴィラール 赤ワイン S 定番人気,新作登場

シャトーヌフデュパプルージュ 2008 ドメーヌドラジャナス 赤ワイン 定番人気,新作登場

満足度、高し! 2008年産のシャトーヌフ・デュ・パプは2つのキュヴェだけ生産されました。 上位キュヴェの CHAUPIN は この年は造らず 、その全てはこのワインにブレンドされました。 深いルビーと紫色を帯びた色合いで通常よりも ムールヴェドル の比率が約 25% と多いのも特徴です。 ムールヴェドルは小樽熟成、グルナッシュはタンクで熟成されます。 ブレンドの 大部分は古樹のグルナッシュ (樹齢60~100年)で、それにムールヴェドルが見事な アクセント を加えています。 とても ピュアな黒い果実 、炭、ブラックチェリー、ラズベリー、 何種類ものプロヴァンスの薬草 、胡椒、新鮮なマッシュルーム、肉汁などの香りが混ざり合いさらに 複雑 さを表現しています。 フルボディ で十分な 熟度 と 成熟度 があります。 シャトーヌフデュパプルージュ 2008 ドメーヌドラジャナス 赤ワイン 定番人気,新作登場

コンドリューラドリアーヌ 2014 ギガル 白ワイン Y P S 定番人気,新作登場

5年連続、96点以上! ローヌの 一流生産者 、ギガル。 その中でも、 特に有名なキュベ のひとつ、コンドリューのラ・ドリアンヌ2014年が入荷しました! なんと、2009年以降、 毎年パーカー・ポイント96点以上 をキープという、怪物ぶり!! そして今回の2014年も、 96点を獲得 しています!! ■『ワイン・アドヴォケイト210号』より抜粋■ Bottled early in June, the 2014 Condrieu la Doriane is neck and neck with the 2013 in terms of quality. It too has sensational , full-throttle notes of tangerines, spice, buttered peach and citrus oil in a medium to full-bodied, elegant, vibrant personality . Give it six to 12 months of bottle age and enjoy bottles through 2020. ◆ロバート・パーカー氏評:96点 ◆飲み頃予想:2016~2020年 フランスの他の銘醸地の白ワインでも、 96点以上を5年以上もキープ できるようなワインは、そうあるものではないはず…(汗) しかも、それでもまだ価格も1万円前半で買えるというのは、ローヌ、いえ、 ギガルならでは かもしれません。 抜群の実力と安定感! 誰もが認める 一流どころです!! ■ワイン名(原語)/Condrieu La Doriane 2014 E. Guigal ■色/白ワイン ■味わい/辛口 ■ブドウ品種/ヴィオニエ ■生産者名/ギガル ■産地/フランス/ローヌ ■原産地呼称/AOCコンドリュー ■生産年/2014 ■内容量/750ml コンドリューラドリアーヌ 2014 ギガル 白ワイン Y P S 定番人気,新作登場

シャトーヌフデュパプ 2013 ドメーヌドフェラン 赤ワイン Y 定番人気,新作登場

毎年、数百本売れます! 『フィリップ・ブラヴェイは、シャトーヌフ・デュ・パプの若い世代の造り手で、最も熱心なひとりで、 ここ数年、ずっと私は注目している 』(『ワイン・アドボケイト163号』より抜粋) 『 この地の注目株の一人 、フィリップ・ブラヴェイは、 最も印象的な、トラディショナルなスタイル のシャトーヌフ・デュ・パプを生み出す一人。』(『eロバート・パーカー221号』より抜粋) と、称され、毎年、ロバート・パーカー氏から、高い評価を受ける、ドメーヌ・フェラン。 そのフェランの2013年ヴィンテージが入荷、今年も、 93点の高得点を獲得 しました!! ご紹介をはじめて、かれこれ10年近くなる、ドメーヌ・フェラン。 その美味しさは知っていたものの、実は、シャトーヌフ・デュ・パプの歴史ある造り手で、現当主フィリップ・ブラヴェイ氏は、 そうとうの凝り性 だという事が分かりました。 ■輸入元様資料より抜粋■ ワイナリーの歴史は古く、18世紀に遡る。年間生産量はわずか 約35000本 と非常に少ない家族経営のドメーヌで、シャトーヌフ・デュ・パプに関するフランス国内のあらゆる文献で紹介されており、 評価も高い 。 現当主のフィリップ・ブラヴェイ氏は、自らを 『とてもマニアックな人間。妥協して気に入らないワインを造るくらいなら全部捨ててしまった方がマシ!』 と言うほど明確なスタンスの持ち主。 アナログ人間でパソコンも使わず手紙はもっぱら手書き。オランジュの大学で醸造を修め、様々な学校で学ぶものの、学校のやり方が嫌いで 自分の好きなやり方でワインを造る事を楽しんでいる 。 樹齢43~109年の古木のブドウを、なんと、18hl/haという、 超低収量で収穫 というのも、その拘りの強さ上。 そんなシャトーヌフ・デュ・パプが、この価格とは、驚きです。 ご本人が、 いい意味で浮世離れしている お蔭かもしれません(笑) 今年も期待大です! お見逃しなく♪ ■『eロバート・パーカー221号』より抜粋■ The only 2013 presented (I reviewed his two Cotes du Rhone from barrel last year) and a pretty, perfumed wine from Bravey, the 2013 Chateauneuf du Pape (93% Grenache, 2% Syrah, 2% Mourvedre, 2% Bourboulenc and 1% Cinsault) offers lots of wild strawberry and darker berry fruits, lavender, underbrush and mint on the nose. Medium-bodied, seamless and elegant with a layered, silky style that makes it already hard to resist , it will still be better with short term cellaring and drink well through 2025. One of the rising stars in the appellation, proprietor Philippe Bravey fashions one of the most impressive, traditionally styled Chateauneuf du Papes in the region. When I asked him about 2014, he compared it to 2004, and commented on the large crop and need to limit yields. He harvested between September 22 and October 2, feeling that harvesting early was the key to success. As for 2013, he commented that it was similar to a more concentrated 2008 and that the wines improved after bottling . In 2013, he didn’t start harvesting until the October 2 and wrapped up between the 10th and 12th. While neither of these are great vintages, he made classic wines that are well worth checking out. ◆ロバート・パーカー氏評:93点 ◆飲み頃予想:2016~2025年 ■輸入元様資料より抜粋■ 紫がかったチェリーレッド、赤果実や、この ヴィンテージ特有のボタン(シャクヤク)のような花のアロマ 。 空気に触れると、ブラックベリー、イチゴ、赤果実のジャムや、 ココアのニュアンス も感じられます。 口当たりは、ストラクチャーと 丸みを帯びた綺麗なタンニン が感じられ、しっかりとしたボディがあります。 飲み頃まであと、7~8年おいてもいいでしょう。 鹿肉などの赤身肉 と合います。 【ブドウ品種】グルナッシュ93%/ムールヴェードル2%/ブールブラン2%/シラー2%/サンソー1% 樹齢43~109年 収量18hl/ha ■ワイン名(原語)/Chateauneuf-du-Pape Rouge 2013 Domaine de Ferrand ■色/赤ワイン ■味わい/フルボディ ■ブドウ品種/グルナッシュ93%/ムールヴェードル2%/ブールブラン2%/シラー2%/サンソー1% ■生産者名/ドメーヌ・ド・フェラン ■産地/フランス/ローヌ ■原産地呼称/AOCシャトーヌフ・デュ・パプ ■生産年/2013 ■内容量/750ml シャトーヌフデュパプ 2013 ドメーヌドフェラン 赤ワイン Y 定番人気,新作登場

フォジェールジャディス 2001 ドメーヌレオンバラル 赤ワイン 自然派 定番人気,新作登場

自分が飲まずに、後悔! 先日、友人と、とあるレストランに行きました。 今年初めて発売される、関西版ミシュランでも、『星を取るか?』と、必ず名の挙がるお店です。料理はコース1本のみ。 ワインの品揃えにも拘る そのお店で、赤ワインをグラスで頼もうとした時の事。 4本のワインが目の前に並んだのですが、その中に、私の大好きな、レオン・バラルを発見! 【独演会?!】 『 あっ、レオン・バラル! これね、美味しいよ。ラングドックのワインで、濃さはあるのに、エレガントだし、飲み心地も良くて… 造り手さんが来た時ね、畑の写真を沢山見せてもらったんだけど、自然に囲まれた畑でね○△☆◇※』 と、ページにもご紹介していますが、造り手ディディエ・バラル氏が来てくれた時の事、その美味しさを、ひと通り友人に語りつくしたほど(笑)大好きな造り手です。 さて、グラス・ワインを決める段になり、悩みました。 【悩んだ理由】 『間違いなく美味しい、レオン・バラルを飲むか? はたまた、経験の為に、飲んだ事の無い、他のワインを選ぶか??』 悩んだ結果… 私は、とあるブルゴーニュの造り手の、ボーヌ1級2001年物をチョイス。 勿論、友人は迷わず、レオン・バラルを選択(笑) そして、運ばれてきたワインを、お互いひと口づつ味見した際… 『やっぱり、レオン・バラルにしておけば良かった(泣)』 思わず、心の中で、呟きました…。 レストランでサービスされたのは、最新ヴィンテージ2006年のフォジェールでした。 ボトルは既に、半分ほど減っていましたが、大き目のグラスに注がれたその味わいは、カシスやチェリー、ブルーベリーなどの果実味が滑らかに、しなやかに感じられ、 密度は高い のに、 重さは無く 、既 にしっとりと落ち着いた 感があり、とても細かなタンニンと、ほのかなスパイスのアクセントがあって、何とも美味しい♪ レストランの料理にも勿論、普段ご家庭で飲んで頂くにも、是非オススメしたい美味しさでした。 そんな美味しさが、 たったの1本2,808円 で味わえます♪ 思わず後悔したその美味しさ、レオン・バラル登場です! 自信を持って、オススメします!! フォジェールジャディス 2001 ドメーヌレオンバラル 赤ワイン 自然派 定番人気,新作登場

ヴァンドフランスルージュSJ エスジェイ 2011 ラグランドコリーヌ 赤ワイン S 定番人気,新作登場

■輸入元様資料より抜粋■ <エス・ジェー2011年> 2011年より サン・ジョセフのアペラシオンは取得せずVdFとなり 、SJ(エス・ジェー)と言う名前へ変更となりました。 2014年6月入荷から1年4ヶ月間倉庫で寝かせ、今回のリリースとなります。入荷時はカベルネ系かと思わせる青さのニュアンスが全面に出ており、果実味が控えめで硬さが残る印象でした。 現在はとても全体のバランスが良くなり、 可愛らしさと大人っぽさ の両方を兼ね備えた味わいへと変化しました。 少し黒みがかった濃い目の赤色で、抜栓直後にはやや青いニュアンスの香りが感じられますが、以前の鋭角な印象ではなくすぐにワインに溶け込み 柔らかく円みを帯びてきます 。 プルーンやレーズン等の凝縮した果実の香りやブラックオリーブ、カカオ、タバコやバニラ香など複雑な香りが充分に感じられ、 時間の経過で芳醇さが増していきます 。 フランボワーズチョコレートの様な風味の 甘酸っぱい口当たり で、たっぷりとした果実味の割に 軽いタッチ で口中に流れていきます。後半には 繊細なタンニンと落ち着いた深み 複雑な余韻を長く感じさせ、アタックから余韻まで 様々な顔を見せてくれる味わい です。 他のヴィンテージに比べ酸はしっかりとしていますが、芳醇な果実の風味を抑え酸があるからこそ青さのニュアンスも強調されず 爽やかにさえ感じさせてくれます 。 ■ワイン名(原語)/VdF Rouge SJ 2011 La Grand Colline ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアムボディ ■ブドウ品種/シラー ■生産者名/ラ・グランド・コリーヌ ■産地/フランス/ローヌ ■原産地呼称/VdF ■生産年/2011 ■内容量/750ml ヴァンドフランスルージュSJ エスジェイ 2011 ラグランドコリーヌ 赤ワイン S 定番人気,新作登場

ピノグリ 2013 ジェラールシュレール 白ワイン Y P 定番人気,新作登場

ご 購 入 の 前 にこちらの商品は、元々キャップシールがボトルについておりません。 キャップシールが無い状態でお届け致しますこと、予めご了承の上お買い求め下さい。 ■ワイン名(原語)/Pinot Gris 2013 Gérard Schueller et Fils ■色/白ワイン ■味わい/ ■ブドウ品種/ピノ・グリ ■生産者名/ジェラール・シュレール ■産地/フランス/アルザス ■原産地呼称/AOCアルザス ■生産年/2013 ■内容量/750ml ピノグリ 2013 ジェラールシュレール 白ワイン Y P 定番人気,新作登場

サンセールブランアクメニエ 2007 セバスチャンリフォー 白ワイン 定番人気,新作登場

■販売実績情報■ 販売開始から、既に187本完売しました! (2011/4/21) 『飲むとかなり驚きます。』購入者様 いわゆる サンセールのソーヴィニヨン・ブラン という感覚で飲むとかなり 驚き ます。 香りは、黄色いパプリカや焼き芋といった特徴的な要素が非常に強く、加えて青リンゴや蜜、ハーブといったものも感じます。 味わいは、 エキス分の強さが印象的 で、果実味もたっぷりです。 酸も太く、アルザスやオーストリーのような スケール感 を感じました。 まだ若いようで、数年寝かせてみたいですし、 その価値は十分 にあるように思いました。 『来たっ、来た~っ!』 その知らせを聞いて、思わず、心の中で叫びました♪ 初めて飲んだ時の衝撃 …忘れられません(;^^) 『常識破りのサンセール!』 、セバスチャン・リフォーの2007年が、遂に到着しました!! 今まで、2005年、2006年とご紹介させて頂きましたが、毎年、あれよあれよと言う間に売り切れるほどの人気ぶり♪ この美味しさは、サンセールの 常識を超えた濃密さ 、そして、その液体に潜む、 圧倒的ミネラル感 と 香りの純粋さ! そんな美味しさが評判を呼び、 『リフォー旋風』 を、あちこちで巻き起こしています♪ 【東京で】 ~東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事~ 数年前の事。 とある集まりが、東京の ワイン関係者 の間で開かれました。 中には、業界人でも名前だけで 『おぉ、飲みたい!』 と思う、超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、全く無名の、セバスチャン・リフォーが、皆の ハートを鷲づかみ! 当日No.1 の座を獲得!! 実はこの出来事、数年前、某雑誌でも紹介されましたが、まだ無名すぎるあまり、誰も気づかなかったみたいです(笑) そしてその際に出席していた、某有名ワイン・ビストロのオーナーが、セバスチャン・リフォーの別キュベを、 独占で買い占め てしまったのだとか! 【大阪で】 ~大阪のとある試飲会での出来事~ こちらも、2年ほど前、大阪で行われた、プロ向けの試飲会で、セバスチャン・リフォーのサンセールが登場。 前日、一足先にその衝撃を味わった、セバスチャン・リフォーのサンセール。 その余韻を残しつつ、テイスティングをしていると、後ろから、こんな声が… 『すっごい美味しいサンセールがある。』 『むちゃくちゃ旨いサンセールがあったから早速押さえる。』 『あの白、すごいね。』 そんな声に、私、かなり焦りました。 『ヤバイ、気付かれた。無くなる…』 と(;^^) そして… 前回、2006年の入荷を知ったスタッフがひと言。 『早速お客様にご紹介して良いですか? 前回購入されたお客様が、『何でもっと買っとかなかったんだろう…。』って、お客様が凄く後悔されてましたので…。』 と、大阪の実店舗でも大人気です♪ 【パリで】 ~現地最新ニュース!パリの一流店でも旋風!!~ パリ随一のワイン・ショップ 『ラヴィーニャ』。 その『ラヴィーニャ』が、セバスチャン・リフォーのオリジナル・キュベを販売していると言う情報を、セバスチャン本人からキャッチ! 『ラヴィーニャ』といえば、あの、DRCの珍品『オート・コート・ド・ニュイ白』を独自に販売している事でも知られています。 そう、『ラヴィーニャ』にとっては、DRC同様、セバスチャン・リフォーも『オリジナルで扱いたい』特別なワインなのです! そして、そして、遂に2007年の到着! 私は、今回、今まで以上に、入荷を待ちわびていました。 なぜならば… 実は、2008年の6月、 リフォーを尋ねて サンセールまで行ってきたんです! まだ若いながら、しっかりした信念、地に足の付いた考え方で、畑仕事を大事にし、 手間を惜しまず 、丁寧なつくりを実践する、セバスチャン・リフォー。 畑で見た、その光景、セバスチャン・リフォー自信が語るその思いは… 『この畑、そして、この人にして、このワインあり!』 を、実感。 その際、現地で一足先に、2007年を試飲し、 『おぉ…これぞ、リフォー!!』 と、その 旨み溢れる凝縮感 、溢れるミネラルの味わいに、感激。この入荷を、心待ちにしていたんです。 粘度がしっかりあり、凝縮感、香り高さ、ミネラル感、そして、酸も 全てにおいて、高いレベル で備わっています。 通常、『凝縮感が出る=糖度が上がり、酸を保つのは難しい』のですが、2007年は、その両方を備え、まさに自然の神秘と、セバスチャン・リフォーの日々の仕事が生み出した、 旨みあふれる味わい なのです。 生姜、レモンのコンフィなどの香りに、石灰質土壌のミネラル分を充分に備え、粘度はあるのに、清らかで、花のようなニュアンスも。 例えて言うなら『濃密』と『端麗』の両方を備えた、他に例え様の無い味わいです。 セバスチャン・リフォーが選びぬいた畑のブドウのみ使用する、サンセール・アクメニネの2007年、 『リフォー節全開!』 の、美味しさです♪ あまりの嬉しさに、ついつい前置きが長くなりましたが、この味わいは、飲んで頂くに限ります。 『常識破りのサンセール』今年も絶好調です! サンセールブランアクメニエ 2007 セバスチャンリフォー 白ワイン 定番人気,新作登場

ルカノンNV 2007 ラグランドコリーヌ 赤ワイン S 定番人気,新作登場

もう、タカムラのお客様には、すっかり名の知られた、フランスのローヌ地方で ワインの造り手 として活躍する、 大岡さん 。 そんな大岡さんのワインに、今、どんどん注目が集まっています! つい先日、 雑誌『フィガロ』 で、料理研究家の平野由希子さんが紹介していたかと思えば、今回は、エレガントに、かっこよく生きる女性をイメージさせる 女性誌『マリソル』 2008年8月号に 掲載されました! 【特集内容】 ・『マリソルウーマン 15人がご推薦 。 ・涼感があり、 贈り手のセンス を感じる ・『夏ならではの 『ちょこっと手土産』 』 で、アーティストであり、 『Salon de KIKI』 のオーナーでもある『春山明日香さん』推薦の手土産として、大岡さんの『カノン・ロゼ』と、『シャルドネ・ぺティアン』が紹介されています(^O^)v 同じ特集に掲載されたのは、 『ピエール・エルメ』 のアイスクリームや、 『パーク・ハイアット』 のデザートなど、どれも選りすぐられた 逸品ばかり 。 そんな中、大岡さんのワインが、お洒落な人が、大事な人への『プレゼントにしたい』アイテムとして、堂々掲載♪ 掲載のお話を頂いた時、 『さっすが、マリソル!』 と、思いましたが、 実際の記事 を見て、 ますます感動…! 涼しげで、しかもお洒落なギフトとして素敵に誌面に登場したカノンを見て、 我が子の晴れ姿 を見たようでした(笑) この『カノン・シリーズ』は、大岡さんが、『気軽に楽しく飲んでもらいたい』との思いで、大岡さんの実力を存分に生かしつつ、比較的手頃な価格で、赤・白・ロゼ・ぺティアンなど、お好みに応じて 自由自在に楽しめるシリーズ です。 私も、その日の気分によって、色々と楽しんでいます♪ 大岡さんのワインは、 『生きたまま』のワイン 。例えば、今回ご紹介頂いたぺティアンは、酵母が残ったまま、 残糖のある状態 で瓶詰めされ、 瓶の中で徐々に発酵 を続けるため、最初は優しい甘口が、発酵が進むにつれ、辛口になっていくのです。 そんな訳で、時に、 『以前と印象が違う』 ということもありますが、それもこれも、ワインが生きているからこそ! その時々の出会い を、是非、楽しんで頂けたらと思います♪ 私も、毎年この到着を楽しみに している、カノンの赤が入荷です♪ 今年は、シラー品種が大半に、ガメイ品種をブレンド。 『ローヌでガメイ!?』 と、思われるかもしれませんが、 実は結構、イケるんです! ふくよかな果実味の中にも、シラーだけでは実現しない優しさ、そして、締まりもあり、 気が付けば1本が空 になっているはずです(笑) 【ブドウ品種】シラー90%ガメイ10% ルカノンNV 2007 ラグランドコリーヌ 赤ワイン S 定番人気,新作登場

トゥーレーヌソーヴィニヨンブランスペシャルキュベ 2005 ボワルカ 白ワイン 750ml新井順子SmaSTATION 5スマステーション自然派 定番人気,新作登場

■販売実績情報■ 販売開始から、168本完売しました! (2007/12/13) 日本独占! 造り手として、着実に前進し、自らのスタイル、考えを実行する人、新井順子さんが、2005年、新たな試みとしてリリースしたのが、ソービニヨン・ブランを 新樽100%で熟成 させた、 スペシャル・キュベ! しかも、その 誕生秘話 、数の少なさから、 『NON、残念ながら本数が少ないの。日本だけの販売ね。』 と、 フランスのお誘いを断り 、日本だけで販売される事に♪ 新井さんの思いが、いっぱい、いっぱい詰まったメッセージをお読み下さい。 【新井順子さんのコメント】 私が初めて試みた、100%新樽熟成のソービニヨン・ブラン。 『エッ?100%新樽熟成だと樽の香が強すぎないの?』 そういう質問が出るのがもう判っているので、先にお答え致します。答えは 『NON』 信じられない方は、どうぞこのワインを飲んで下さい。今までの常識を打ち壊す味わいなのです。 これは、私もフレデリックも全く同じ考え方なのですが、樽でワインを熟成させるのは、樽の薫りをワインにつけるためではありません。Cuveeタンクでマロラクティックを行なっているワインも、世の中には沢山存在しておりますが、通常拘ったワインは、樽という容器を使ってマロラクティックを行ないます。 その樽を新しい物にするか、古い樽を使うかは、醸造家の考え方のひとつなのです。 私は樽で、出来れば新しい物が理想的と思っております。なぜならまだ、目の詰まっていない本当に状態の良い容器の中でワインがゆっくり酸化熟成を行うことが出来るからです。 ただし、その新樽を使用して酸化熟成させる場合、樽の焼きの状態や樽の目の状態が、程好い物でないといけません。 私は、幸か不幸かブランシャールの樽を入手出来るので、100%新樽を使用しても大丈夫と確信しておりました。彼の木を選ぶ目はフランス一、そして、樽に対する愛情・尊敬も彼の右に出る人はおりません。 その彼が、時間をかけて、ゆっくりゆっくり樽を焼くので、ボルドーに見られるような、新樽のイメージとは大きくかけ離れた新樽となるのです。 その理想的な容器でワインを熟成させるのですから、その素晴らしい樽に負けないブドウのジュースを作る事、すなわち1年間の仕事をしっかり行なうだけの事なのです。 彼が、ゆっくりゆっくり樽を焼くのと同じように、我々は手で摘み取ったブドウを可能な限りゆっくりゆっくり危険を伴いながらプレスし、それをブランシャール氏の樽の中に入れるだけです。 後はブドウ達が力強く発酵をするだけです。その為の天然酵母、そのテロワールが自然の力に任せ、息をし始めるのです。 新樽を100%使用するのはお金がかかります。このロワールでは、まず新樽を使用するという事すら 懸念 され、100%使用なんて辞書にはありません。 2004年迄は、1/3は新樽でしたが、少しずつワイナリー経営も軌道に乗ってきた為、2005年は5割弱の新樽を購入する事が出来ました。 それを、去年と同じように全部ブレンドする事も可能でしたが、私が自分の研究のために2つのキュベにしようと思いました。 1つは、2004年と同じ新樽・1年樽・2年樽・3年樽のブレンド。 それと、新樽だけで発酵させたワインのキュベ。私の元々のマロラクティックに関する理論を証明するためです。 頭では確信していても、実際経験はありません。大金持ちならそういう事もすぐに可能でしょうが、余裕のない体力のない 私には大きな冒険 でもありました。 そのスペシャル・キュベを提案した時に、フランスのスタッフは 頭から反対 しました。 『そんなボワゼなワインなんて信じられない』 と…。 とても保守的な考え方です。ボワ・ルカの醸造方法は、ここロワールの土地ではかなり革新的、それをまたとんでもない考え方をするものだ!とスタッフも呆れ顔です。 『まあ、それならフランスに売らないだけね!』 と、フランスに販売しないという事で 誕生 したワインなのです。 しかし、ボトル詰めされて出来上がったワインは保守派の想像を超える出来栄え。 『スミマセン、フランスでも販売したいのですが…』 『NON、残念ながら本数が少ないの。日本だけの販売ね。』 ですから、皆様が最初に飲む方々です。 フランスでは、1本も発表されておりません。 しかし通常のソービニヨン・ブランは、お陰さまでフランスではロワール一番のソービニヨン・ブランだと、プロの方々からもとても高い評価を頂きました。とても光栄に思います。 しかし私は、フランスでは発表されていない、このワインの方が好きです。 でも、このスタイルは皆さんが好きかどうか判りません。通常のソービニヨン・ブランの方が誰もが好き、誰もが美味しいという味わいでしょう。 このスペシャル・キュベはエレガントすぎます。ポテンシャルが見えづらいのです。最初は分からないと思います。 グッと冷やし、デキャンターをしてゆっくりゆっくりシャンブレして下さい。必ずデキャンターして下さい。さもなければ、2時間前に抜栓です。 デキャンターの30分後にはとんでもない感動 と 『何故、今、開けてしまったのだろうか?』 という 後悔の念が同時に訪れます。 このスタイルが好きかどうかは、嗜好品なので皆様が決められて下さい。 経営能力に長けている人ならば、間違いなくフランスでリリースしたでしょう。 このワインは、先入観で物事を判断する人達に飲んで頂く程の本数はありません。私は自分の飲みたいワインを作りたいだけなのです。 その思いが、1人でも多くの方に伝われば、こんな幸せな事はございません。 是非、召し上がって頂きたいと思います。 (造り手新井順子さんのコメントより抜粋) いや~、日本に住んでて良かった(笑) このメッセージを読んで、飲まずにいられる人がいれば、不思議なほどです(笑) 日本独占! スペシャル・キュベが入荷!! トゥーレーヌソーヴィニヨンブランスペシャルキュベ 2005 ボワルカ 白ワイン 750ml新井順子SmaSTATION 5スマステーション自然派 定番人気,新作登場

コリウールルージュラパスコーレ 2009 ブルーノデュシェン 赤ワイン 定番人気,新作登場

■販売開始時間に関しまして■ お問合せを多数頂戴しておりますため、販売開始時間を 【8月29日(日) 20時】 に設定させて頂いております。 何卒、ご理解下さいますようお願い申し上げます。 ■ご注文数に関しまして■ 入荷数が大変少ない商品でございますので、ご注文数を、同商品 お一人様1本まで とさせて頂きます。 複数本ご注文頂いた場合、1本に変更させて頂く場合もございますので、ご了承の上お買い求め下さい。 南のピノ・ノワールだ! ■輸入元様資料より抜粋■ グルナッシュ は 南のピノ・ノワール だ!と言い切るブルーノ、まさにその通りとしか言い様がありません。 グルナッシュ100%で造っておりましたが、今年は カリニャンを10% 、 グルナッシュ90% のブレンドです。 カルボニック製法 を利用し造られたナチュラル・ワイン。香りは アロマチック で エキゾチック 、こんなグルナッシュが存在するなんて! 今までの概念を大きく越えたグルナッシュです。高い標高から守られた酸味と南仏のさんさんと照る太陽の恩恵をうけ全て 樽で発酵 しました。この段々畑のただでさえ、ブドウが少ない畑の収穫を長い間、週末のみ、仲間だけでブドウの 房・粒までも選んで 収穫した 超低収量 、経営感覚全く無しのワインです。 畑:ラ・パスコーレという区画から生み出されるワインなので、この名を取っていますが、実はもうひとつレ・ゼクスームという区画のブドウも ブレンド しています。 これらはブルノがバニュルスでワイン造りを始めるにあたって 最初に手に入れた 愛着のある畑です。 コリウールルージュラパスコーレ 2009 ブルーノデュシェン 赤ワイン 定番人気,新作登場

フォジェールジャディス 2001 ドメーヌレオンバラル 赤ワイン 自然派 定番人気,新作登場

自分が飲まずに、後悔! 先日、友人と、とあるレストランに行きました。 今年初めて発売される、関西版ミシュランでも、『星を取るか?』と、必ず名の挙がるお店です。料理はコース1本のみ。 ワインの品揃えにも拘る そのお店で、赤ワインをグラスで頼もうとした時の事。 4本のワインが目の前に並んだのですが、その中に、私の大好きな、レオン・バラルを発見! 【独演会?!】 『 あっ、レオン・バラル! これね、美味しいよ。ラングドックのワインで、濃さはあるのに、エレガントだし、飲み心地も良くて… 造り手さんが来た時ね、畑の写真を沢山見せてもらったんだけど、自然に囲まれた畑でね○△☆◇※』 と、ページにもご紹介していますが、造り手ディディエ・バラル氏が来てくれた時の事、その美味しさを、ひと通り友人に語りつくしたほど(笑)大好きな造り手です。 さて、グラス・ワインを決める段になり、悩みました。 【悩んだ理由】 『間違いなく美味しい、レオン・バラルを飲むか? はたまた、経験の為に、飲んだ事の無い、他のワインを選ぶか??』 悩んだ結果… 私は、とあるブルゴーニュの造り手の、ボーヌ1級2001年物をチョイス。 勿論、友人は迷わず、レオン・バラルを選択(笑) そして、運ばれてきたワインを、お互いひと口づつ味見した際… 『やっぱり、レオン・バラルにしておけば良かった(泣)』 思わず、心の中で、呟きました…。 レストランでサービスされたのは、最新ヴィンテージ2006年のフォジェールでした。 ボトルは既に、半分ほど減っていましたが、大き目のグラスに注がれたその味わいは、カシスやチェリー、ブルーベリーなどの果実味が滑らかに、しなやかに感じられ、 密度は高い のに、 重さは無く 、既 にしっとりと落ち着いた 感があり、とても細かなタンニンと、ほのかなスパイスのアクセントがあって、何とも美味しい♪ レストランの料理にも勿論、普段ご家庭で飲んで頂くにも、是非オススメしたい美味しさでした。 そんな美味しさが、 たったの1本2,808円 で味わえます♪ 思わず後悔したその美味しさ、レオン・バラル登場です! 自信を持って、オススメします!! フォジェールジャディス 2001 ドメーヌレオンバラル 赤ワイン 自然派 定番人気,新作登場

ピノノワール 2013 ヴィニョーヴルギョーム 赤ワイン S 定番人気,新作登場

グラスに注ぐと、かすかな線すら透けて見えるほど、 淡い色合い に驚かされますが、香りには、 フランボワーズや梅 、バラのドライフラワー、ほんのりとザクロや鉄のニュアンスなどが、心地よく広がります。 味わいにも、 たっぷりとした旨み と、綺麗な酸味、 かつお梅のようなうまみ が広がります。余韻には、赤いベリーやスパイスの旨みがグッと感じられ美味しさは、 ピノの魅力を存分に表現しています 。 薄旨のブルゴーニュ・ピノ好きもきっと満足 するであろう、魅力にあふれています。  ■ワイン名(原語)/Pinot Noir 2013 Vignoble Guillaume ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアムボディ ■ブドウ品種/ピノ・ノワール ■生産者名/Vignoble Guillaume/ヴィニョーヴル・ギョーム ■産地/フランス/フランシュ・コンテ ■原産地呼称/IGPヴァン・ド・ペイ・ド・フランシュ・コンテ ■生産年/2013 ■内容量/750ml ヴィニョーブル ピノノワール 2013 ヴィニョーヴルギョーム 赤ワイン S 定番人気,新作登場

コートドプロヴァンスルージュナトゥシュカ 2007 シャトーミラヴァル 赤ワイン Y S 定番人気,新作登場

数量限定の逸品! ■輸入元様資料より抜粋■ 生産本数限定 の上級キュベ。 グリルしたハーブやなめし皮、樽香が滑らかに溶け込んだチェリーやプラムなどの 完熟果実の複雑な香り 。 濃厚な完熟果実に負けない堅固なストラクチャーと エレガンスを兼ね備え 、密度の高い 引き締まった味わい を織り成す。 長く心地良い余韻には、スパイスや洋酒漬けのチェリーなどが感じられる。 ブドウ品種:シラー90%/カベルネ・ソーヴィニヨン10% コートドプロヴァンスルージュナトゥシュカ 2007 シャトーミラヴァル 赤ワイン Y S 定番人気,新作登場

コートデュローヌキュベG 2006 ラグランドコリーヌ 赤ワイン 定番人気,新作登場

グルナッシュの可能性、奥深さ を感じさせてくれるのが、この『G』です。 輸入元さんから頂いた詳細情報をページにアップしていますので、是非ご覧下さい♪ 【輸入元さんの情報】 この年は、大岡さんのワインとしては 珍しく アペラシオンを名乗ることができました。 AOCを想像するには困難な『涼しさ』がある反面、完熟したザクロなどの赤い果実などが香りから感じられる、2つの 相反する性格 を有する興味深いワインです。 これは、やはりグルナッシュの産地として最も北に位置することが理由だと思われます。 このAOCのワインにおいて、 かなり繊細なスタイル と申し上げて差し支えないしょう。 カラフなどに移すか、開栓を早めにして頂き、供する温度を若干高めにしていただくと、いっそう美味しくなるでしょう。 ちなみに、2005年産は現在も大岡さんの蔵にて安眠中です。 【樹齢】20年から50年 【畑の場所】アルデッシュ県St Alben村にある、ゆるやかな南向き斜面 【土壌構成】花崗岩の表土の下に、石灰岩の岩盤。とても珍しい構成のようです。 【醸造】セミマシラシオン カルボニックを2週間。ピジャージュを10日間にわたり1日1回の頻度で実施。その後は、220Lと350Lの樽で16ヶ月、タンクで2ヶ月の熟成。 フランスで頑張る日本人っ! 現地でもメキメキと評価が 急上昇中~っ♪ 大岡弘武氏。 この名前が、今、ワイン好きの間で密かに広がっています。 学生時代出掛けたフランス旅行。 この旅での、 田舎の酒屋の親父さん とのやり取りがキッカケとなり、ワインを学ぶ為、ボルドー大学に入学。 ボルドー滞在時代、ボジョレー地方を旅し、生産者達のワイン造りに対する 真摯な姿勢 が強く印象に残ります。 そして、ワインが出来るまでの全てに関われるようなワイン造りを目指し、最終的に彼が選んだのが、ローヌ地方コルナスでした。 現在、この地で畑を手に入れ、自らのワイン造りに励むと同時に、数年かけて、念願だった、ローヌの素晴らしい造り手、 ティエリー・アルマン氏 の元で働く事を実現させ、多くの事を彼から学んでいます。 そんなワイン好きなら誰もが応援したくなる、注目の大岡氏が、初めて自社畑のシラーとカベルネ・ソービニヨンから生み出したワインが日本に到着ですっ!! さて… そんなラ・グランド・コリーヌの大岡弘武氏が、先日、遂にタカムラに 来店! 実店舗で行われたテイスティング・セミナーは、告知開始から、アッという間に 満員御礼! 急遽増枠で、当初の定員を超えるご参加を頂いたにも関わらず、ご参加頂けなかったお客様、申し訳御座いませんでした。 テイスティング・セミナーは、お客様からの質問も多数の中、栽培から、醸造、自身のワイン哲学に至るまで、 2時間半タップリと 語って頂きました♪ 大岡さんのワインを、常日頃から楽しんで頂いている方も多く、質問も様々。 大岡さんのお話と、実際にそのワインを飲んで、大岡さんのワインは『ブドウそのものの美味しさを最大限生かした』ワインであり 『生きている』ワイン である事を、皆さん実感して頂いたようです。 会の途中にも、試飲ワインを ゴクリ と飲んで『美味しい♪』と、ニンマリされるお顔も見受けられました(笑) スタッフも皆、大岡さんのワインのファンだけに、今回、大岡さんの生の声を聞き、まとめて色々なワインを飲み比べ、その豊かな美味しさに改めて感動… 実は、何を隠そう、大岡さんのワインは、 タカムラ・スタッフの個人買い人気トップ・クラス を誇るんです♪ 思わず、ボトルにサインを求めるスタッフも(笑) そんなセミナーで伺った話や、残念ながら参加出来なかった皆様から寄せられたご質問に、セミナー終了後お答え頂いた話などを含め、ご紹介させて頂きます。 今回は、 来日セミナー記念! スペシャル・リリース・ワインをご紹介しちゃいます♪ そして、セミナーに一足遅れて、毎年大人気のロゼ・プリムールも到着!! 大岡さんのワインの美味しさ、 知らなきゃ勿体無い! 折角なので、セミナーでの質疑応答の内容も、下記に記しますので、ご興味のある方は、是非、読んで下さい♪ 大岡氏への質問&回答はこちら♪ 『まもなく入荷のカノン・ロゼ・プリムール2007について。』 2007年は、色調が濃く、良い条件に恵まれた年でした。普段より完熟したブドウが収穫でき、ボリューム感のある仕上がり。 残糖度を少なくしているため、昨年に比べ、辛口に仕上がっており、泡立ちが控えめです。 『近年の南仏のヴィンテージについて』 2004年以降は、良い年が続いており、2004年はエレガントな部分があり、2005年は力強く仕上がっています。 現在飲み頃なのは2004年。 『2007年ヴィンテージについて』 冬春非常に暖かく、ブドウの芽吹きが観測史上最も早かった年。 4月以降雨が多く、収穫期を迎える8月初旬は冷涼な天候で危惧したが、収穫前は雨も降らず、天候に恵まれ、 良い結果 となりました。 『今後新しい土地でワインを生産される予定は?』 コルナスの畑を所有しており、生産に向けてブドウの木を植え出したところ。 個人的には、日本で造るとすると、愛媛県の土地、気候に興味がある。 以前は奥様のご実家が神戸の為、神戸で土地を探していたこともあるとか?! コートデュローヌキュベG 2006 ラグランドコリーヌ 赤ワイン 定番人気,新作登場

ソミュールシャンピニー キュベプレステージ 1996 クロデコルドゥリエ 赤ワイン 定番人気,新作登場

ワインを販売していると、当然の如く 『自分のお気に入りワインを、出来る限り多くのお客様にご紹介したいっ!』 という気持ちになります。 今回ご紹介するソミュールは、まさしくそんな逸品です。 でも、残念ながら在庫が全く足りません(^_^;)  在庫がたったの24本しかないのです… なので、恐縮ですが、 早い者勝ちでお願いしますm(__)m カベルネ・フラン品種で造られるこの逸品、恐らく大半の方が想像されるような『青っぽいニュアンス』は、全くありませんっ! 深い、深い、味わいで、噛めば噛むほど、素晴らしさが滲み出てきます。 試飲した後に、輸入元さんから『24本しかありません。』と、言われて、 メチャクチャがっかりしてしまいました。 数は少ないですが、 ボルドーのサンテミリオン好きに飲んで頂ければ、とても嬉しいです。 【味】中渋口・中辛口 メチャクチャ旨いです! ソミュールシャンピニー キュベプレステージ 1996 クロデコルドゥリエ 赤ワイン 定番人気,新作登場

ピノグリ 2006 ジェラールシュレール 白ワイン S 定番人気,新作登場

■ワイン名(原語)/Pinot Gris VdT[2005]Gerard Schueller et Fils ■色/白ワイン ■味わい/辛口 ■ブドウ品種/ピノ・グリ ■生産者名/ジェラール・シュレール ■産地/フランス/アルザス ■原産地呼称/VdT ■生産年/2005 ■内容量/750ml ピノグリ 2006 ジェラールシュレール 白ワイン S 定番人気,新作登場

シャトーヌフデュパプ 2005 ピエールユッセリオ 赤ワイン 定番人気,新作登場

【ロバート・パーカー氏の評価】 The 2005 Chateauneuf du Pape Tradition、 a 100% destemmed cuvee produced from 25 hectoliters per hectare and aged 80% in old wood foudres and 20% in tank、 is dense purple with terrific fruit notes of raspberry、 black cherry、 and even some black currant and licorice. Medium to full-bodied、 with good acidity、 moderate tannin、 and outstanding ripeness and length、 this wine will be at its best in 2-3 years、 and drink well for 12-15. Brothers Jean-Pierre and Thierry Usseglio have once again produced some of the finest Chateauneuf du Papes of the vintage、 particularly in 2005. This is no small accomplishment given the fact that their 2003 cuvees were among the very finest wines of that challenging and irregular year. ◆ロバート・パーカー氏評:92~94点 (ワイン・アドヴォケイト誌169号より) 【ロバート・パーカー氏の評価】 Even though the 2005 Chateauneuf du Pape Tradition needs 3-4 years of bottle age、 this wine (aged 80% in foudres and 20% in tank and made from a blend of 80% Grenache and the rest Syrah Mourvedre、 and Cinsault) exhibits a dense ruby/purple color and a big、 sweet nose of tree bark、 blackberry、 raspberry、 and cherry with licorice、 damp earth、 and a hint of Provencal herbs. The wine is long、 full-bodied 、 but still tannic and closed. Anticipated maturity: 2011-2018. This estate has been on an outrageous run of successful vintages ever since 1998、 no small thanks to the extraordinary efforts of the two brothers、 Jean-Pierre and Thierry Usseglio. For them 2005 is a very structured、 concentrated、 powerful vintage that will require significant cellaring. Their 2006s are among the great successes of that vintage、 much more charming and up-front than the 2005s、 but concentrated. ◆ロバート・パーカー氏評:89点 (ワイン・アドヴォケイト誌173号より) シャトーヌフデュパプ 2005 ピエールユッセリオ 赤ワイン 定番人気,新作登場